読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

「こら!」「も~!」「~しなさい!」「はやく!」が最近の口癖

「親と子のアドラー心理学」岩井俊憲

いつになったらこれらのワードから解放されるのか・・・。

そんなご両親も多いかと思います。

人の事は言えない私ですが・・・(汗)

 

今話題のアドラー心理学

勇気づけ、がキーワード。

 

アドラー心理学的な考え方とともに、著者の子供との実際の事例も紹介されています。

いやあ、奥さんもお子さんも、別世界の素晴らしき方々。

そのため、「その子はたまたま、元々デキる子だったんじゃないの?」と思ってしまいました。

まあ、たとえそうだったとしても、デキる子をデキる大人に育てたのはアドラー的育児だよね。

 

ところで、私は、「勇気づけ」と言えば「誉める」ことだと思ってました。

でも違った!!

誉める、という行為も、いわゆる外的動機付けになり、アドラー的にはNG(とまではいかないかな?)らしい。

あと、過干渉、過保護はもちろんNG。

 

いろいろ迷うところもある育児。

一つの指針としてアドラーを取り入れてもいいのかな、と思いました。