読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

料理にドラマ

小説

彼女のこんだて帖 角田光代

 レシピつき連作短編小説集。

 

出てくる人たちは・・・基本的に料理好きorできる人だなあ。

私が印象的だったのは、「かぼちゃのなかの金色の時間」というお話。

母親の手料理にまつわる話。

 

なぜ印象的だったか?

ズバリ、「自分には、そんな料理を子供たちに作ってあげていられるんだろうか?」と思ったから。

毎日忙しさの中で、時短料理ばかり作って、外食することも多くて・・・。

ダシとって~、とか、煮込んで~、とか。

数えるくらいしかやったことないなあ。

いや、ダシに至っては、1回しか本格的にとったことはないかも。

 

「ダシくらいは自分でとってみよう!」と思ってカツオ節や昆布を買ったことはあるけれど、結局とらなかったことが何回あったか。

 

で、今回この小説に出てくる料理には、全部レシピがついているけど、やっぱり作らないんだろうな・・・。

 食は生の基本だし、お料理で豊かな食卓にしたいな。

 

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)