読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

ノスタルジー

小説

  カカシの夏休み 重松清

「カカシ先生」という(陰で)あだ名の小学校の先生の一夏。

カカシ先生、その周辺の大人たちがちょうど自分と同じ年代。

 

これを読む前に「トワイライト」を読んだ。

どちらも、子供の時の仲間と集まって、過去を懐かしむシーンがある。

そして、重松さんの作品には多いと思うのだが、ニックネームが出てくる。

いかにも「小学生だよなあ」というニックネーム。

 

最近、子供のころのニックネームで呼ばれることはあるかな?

大人になってから出会った人にニックネームで呼ばれるかな?

 

ニックネームで呼ばれると、親近感わくよね。

 

カカシの夏休み (文春文庫)

カカシの夏休み (文春文庫)

 

 私は、カズのその後が気になる。

ちゃんと父親と和解できたのかな?

母親と父親の関係は改善されたのかな?

 

カカシ先生は、先生という以上のことをカズにしたと思った。

もちろん、良い意味で。

こんな先生がたくさんいればいいよな、とも思うが、普段は「カカシ」だしな。