読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

友情→亀裂→また友情

小説

対岸の彼女 角田光代

 「彼女のこんだて帖」に引き続いて角田光代さんの作品を読んだ。

私が好きな、人の内面の描写が詳細なストーリー。

 

同年齢、同じ大学出身の、(元)専業主婦(小夜子)と、結婚せず仕事と遊びを楽しむキャリアウーマン(葵)のお話。

キャリアウーマンは、高校時代に特別な体験をしていた。

対岸の彼女 (文春文庫)

対岸の彼女 (文春文庫)

 

 

私は、小夜子に思いっきり感情移入。

ちょうど、子育て世代共働き、という設定が小夜子にかぶったからかな?

葵のような生き方は、とうていできない。

冒険もできないし、1人が平気、とも思うことができない。

葵の強さは高校生時代の体験からだと思うけど、こんな人は世の中にどれほどいるのだろうか。

 

逆に、小夜子はかぶる部分が多い。

そして、世の中にはこんな人たくさんいると思う。

 

でも、私の読みが浅いのか、最後に葵の元に戻ったのは、同情としか思えない。

そういう、「上から」の感情は嫌いだ。