読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

PRESIDENT 2016.5.16号

はい、定期購読中のPRESIDENTです。

PRESIDENT (プレジデント) 2016年5/16号

PRESIDENT (プレジデント) 2016年5/16号

 

 病院のウラ側、というタイトル。

このタイトルから連想されるのは?

  • 病院経営者ががめつく稼いでいる様子(あくまでイメージですよ)
  • 雇われ医の劣悪な勤務状況
  • 最先端医療の紹介

などなど。

が、これらの話は一切なく・・・。

健康診断で必要と思う項目は?という医師へのアンケート結果や、がん治療の病院ランキングなど。

健康診断で医師に「不要」と考えられている項目でも、私の場合は会社で決まっているから変えられないし、がんにはなっていないから病院ランキングもあまり興味はない。

総じてあまり興味のない号だったという印象。

ただ、その他の連載記事は全部興味深く読んだ。

 

特に私が好きなのは、「池上彰のトップの読書術」というコーナー。

今号では、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏(後編)であった。

紹介されている本は、「ホンダジェット」という、前間孝則氏のノンフィクション。

日本は自主規制みたいなことがすごく多いんですよ。その自主規制が日本人とか、日本の企業を駄目にしていると僕は思います。

 

柳井氏の言葉。

「日本」という組織にとどまらず、「規制」という枠は、人の可能性をつぶすものであるとは、私も思っていた。

何かチャレンジングなことをしたければアメリカに行く、自分の個性を認めてもらいたければアメリカに行く、なんて環境では、世界を変える人材は日本からいなくなっちゃうよ~。

実際、自分の子供(優秀かどうかはさておき)には、日本の枠にとらわれず、世界へ飛び出して欲しい。

というより、今の子供たちが大人になるころには、日本しか知らないようでは大した人生送れないような気がする。

 

読んだ期間:2016年5月3日