読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 まさに『技術』が書かれていました。

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 

本書は6章構成になっています。

 第1章 悪循環の夜型、好循環の朝型

 第2章 なぜ、早起きは続かないのか?

 第3章 根性や意志力に頼らない「起きる技術」

 第4章 理想の生活習慣に変わる5つのステップ

 第5章 短時間で仕事を終わらせる高密度仕事術

 第6章 実践編~朝型生活に変わった3人のケース

 

よくよく見ると、2年前の本ですね。

でも、私にとっては非常にためになる内容でした。

 

私は基本的に平日は、朝5時には起きています。

そして、夜9時には寝ています。すると、自分の時間がほとんどありません。

朝5時に起きても、前夜洗ったお皿を片付け、洗濯ものを干し、朝ごはんを作るという3つの作業を6時までに終わらせるとなると、自由な時間はせいぜい20分程度・・・。

(6時から家族が起きてきます。)

洗濯ものを干すには、干してあるものを片づけたりもしないとならないため、両方の量が多ければ、自由な時間はありません。

だからもっと早起きしようと思ったのです。

 

理想は3時起き。根拠はありませんが、6時間も眠れば十分かな~、というイメージ?

さらに、2時間以上を自分のための時間にできれば、自分の気持ちがスッとすると思っただけです。

そこで、睡眠関連の本を4冊買いました。

その1冊目です。

 

やばい、私の漠然としたイメージの「6時間」の睡眠はあまり推奨されていません(汗)

なおかつ、睡眠5時間以下は酩酊状態だとか。『睡眠負債』という言葉が出てきましたが、睡眠が短いと、人生レベルであまり良いことはなさそうです。

個人や目的にもよりますが、理想は7時間程度、とのこと。

それなら、3時起きはいったんあきらめて、夜9時就寝の朝4時起きを目標にしようと思います。

 

その他、

〇二つのことを一度に習慣化しようとしない(早起き+ランニング 等)

〇寝る前にしてはいけないこと

〇すっきり起きるためには

〇深く眠るためには

などなど、色々な解説があり、いくつか取り入れようと思いました。

 

また、残業が多い方、スマホなどをだらだら見てしまって早く寝ることができない方などの早起き事例が紹介されていました。

(私のライフスタイルには当てはまりませんでしたが)

  

さあ、あと3冊だ。早起きして読むぞ~。

 

読んだ日:2017年5月8日~5月11日

 

 

PRESIDENT 2017.5.1号

できる大人の満点マナー

久しぶりのブログです。

また読書に集中する日々を送りたいです。

 

さて、4月ならでは、おもに新入社員や、新たに管理職となった人、異動で新しい部署になった人、転職して新しい会社に勤める人、等をターゲットとした号なのかな、と思いました。

 

特に面白かったのは下記の3つの記事。

①情報スクランブルのNEWS FILE-米軍が警告「エナジードリンクに健康リスク」

②情報スクランブルのNEWS FILE-介護業界「足りないのは『人手』ではなく『管理職』」

③知れば知るほど怖くなる「京都人のマナー」 

 

メインの特集記事ではないですが・・・。

 

エナジードリンクの効果とは!?

エナジードリンク、いわゆる栄養ドリンクの一種ですね。

米軍にはエナジードリンク中毒者が多いらしいです。

1日3本飲む人も珍しくないとか。

米軍は、おもに以下の3つの理由から、過度に飲むべきではない、と警告しています。

(「飲むな!」とは言っていません。)

  1. タウリンの効果に疑問
  2. 大量に含まれる砂糖
  3. 大量に含まれるカフェイン

どれも、世間一般的にも言われているものばかりかと思います。

私としては、何故今更!?感もあります。

この記事を読んで一つ驚いたのは、「米兵たちはエナジードリンクとお酒のカクテルが好き」というもの。

ほえ~、お酒をエナジードリンクで割るなんて、私は思いつきもしませんでした・・・。でも、テンションMAX上がりそうな感じですね。

 

記事の締めくくりとしては、『エナジードリンクとはしょせん幻。幻としての付き合いが肝要で、自らの危急存亡の際に1本だけ飲むものなのだろう』となっています。

日本にはなかなかそんな人はいないと思いますが、エナジードリンクを水代わりに飲んでは、健康と美容には良くない、ということでした。

 

介護業界は人手不足、ではなかった!?

介護業界で足りないのは、管理職だそうです。数字の問題ではなく、マネジメント能力に長けた管理職、ということです。

同じ人手がいても、管理職の能力次第でこなせる業務量が変わってくるとか。

まあ、これは介護業界だけではなく、他の業界でも言えることじゃないのかな?とも思いますが・・・。

ただ、サラリーマンの場合は転職やヘッドハンティングで有能な管理職、あるいは管理職候補を自社へ呼ぶことができます。(大手企業とかじゃないと、現実は難しい面も多いのでしょうが)

介護業界の場合、他業界で活躍する管理職を転職させてくるのは、条件面で難しいようです。ニュースでも、賃金の低さなどはよく取り上げられていますもんね。

そこで、新卒採用に投資し、積極的に管理職候補を教育していくのがベストだろうと、提案されている。

優秀なマネージャー⇒売上up⇒コストdown⇒スタッフの待遇改善

これが正のスパイラル。最終的には業界が盛り上がって(?)いくのでしょう。

 

京都人の表裏

何でこの記事が印象に残ったか、それはズバリ私が京都人だからに他ならないでしょう。

京都で商売しているわけではないので、「あるある!」と共感するわけではないです。ただ、「もしかして私のこんな性格は京都にぴったりだったのでは!?」とは思いました。

逆に言えば、京都にずっといれば、そトレスなくそれなりにうまく仕事やっていけたかも!?

タラレバはやめましょう。

さて、下記にこのコラムから引用させてもらいますが、京都では言葉の「裏」を読まなければなりません。たとえば、横柄な態度をとる客に対して、

お客様のように結構なご趣味のお方に喜んでいただけるような品はございません。ほんまに残念なことどした。おおきに、ありがとうございます。

とお店の方が言った場合、これはどういう意味だと思いますか?

正解は・・・

(一見さんのくせに)(横柄な)お客様のように(もう)結構な(ひどい)ご趣味の(卑しい)お方に喜んでいただけ(ても嬉しくないので、売)るような品はございません。ほんまに(あなたのような客がきてしまって)残念なことどした。おおきに(迷惑)、(時間の無駄を)ありがとうございます。 

 ははは、怖すぎますね。でも、お互いに思いやりをもてば、客とて横柄な態度などそうそうとることはないと思います。

思いやりです、思いやり。

ただ、「商売人の話でしょ?」とお考えだったらば、それは違います。

商売など関係ない一個人でも、上記の例のようにはしょって会話する人はたくさんいらっしゃると思いますよ。

どちらかというと、私もそのタイプかな~、と思います。

京都のアレコレが色々載っていて楽しい記事でした。 

読んだ期間:2017年5月10日

子どものリビング学習について

AERA with Kidsを定期購読し始めました。

「読みたい!」と思ったらすぐポチる、過去の記事に興味深いものが多ければすぐ定期購読する、それが私の悪いところです。でも、そうして迅速に情報を仕入れることは重要なことだと考えていますので、経済的事情が許す限りは私は即ポチ、あるいは定期購読をやめないでしょう。

どうでも良い話でした。

先日、まずは1冊目が送られてきました。

記事にはしませんでしたが、過去こんな雑誌も読んでいます↓↓

最近はリビング学習が主流みたいですね。

私が子供の頃はどうしていたっけな、と考えてみましたが、思い出せません。

少なくとも低学年の学童保育だったため、帰宅してから勉強していたとは思えません。

宿題は学童でしていたものと思われます。

最近では、子どもの宿題も多様化していて、一人ではできない(教科書の音読を親が読む、宿題のマルつけを親がしなければならないetc)みたいなので、リビング学習はピッタリなのかも知れませんね。

 

リビング学習が効果的、とわかっても、リビングにその場所を確保するのは結構難しくないですか?

と言いつつも我が家もリビング学習に挑戦中です。

上の子の学習机購入に際し、まだ勉強が必要ない(と私は考える)年少の下の子の分まで買って、リビングに並べてあります。

悩みに悩んだ末の配置です。結局リビングの机を勉強でふさがれてしまうと、家事が回らなかったりしますので、きっちり学習机を置きました。

まだ小学校に入学もしていないので、効果のほどはわかりませんが、たまに「勉強しよ!」と自主的に何やらしているので、出だしは良いのかも知れません。

 

さてさて、雑誌の中身についてですが、リビング学習とともに「ママ友」のお悩みについても記事がありました。

小学校入ってからもママ友のいざこざがあるようで、びっくりしたとともに、正直うんざりです・・・。

やはり、子ども関係での大人のつながりって、なかなかうまくはいかないものなのでしょうか。いつまで続くのだろう。リタイアするまで続くのかも知れません。はあ。

 

読んだ期間:2017年3月8日-9日

 

「勉強ぐせ」のつけ方

最近は育児本に注力して読書中です。

12歳までに「勉強ぐせ」をつけるお母さんの習慣

12歳までに「勉強ぐせ」をつけるお母さんの習慣

 

今ふと思いましたが、こういうタイトルの本では『お母さん』がキーワードとなっているものが多いですね。

やはり、お父さんよりも長い時間密に子どもと関わるから?仕方ない・・・のでしょうか。

少し違和感は感じました。

 

内容についてです。

ふむふむ。やっぱ「勉強しなさい!」「なんでできないの!」「バカか!」などと言うガミガミママはダメ~、みたいです。

そりゃ当たり前ですよね。そんなことは直感でわかります。

(実際にはなかなかできないのですが・・・)

じゃあ、どうすればいいのさ!ということについて、この本ではきちんと触れられていました。

 

言い換えや、子どものやる気の誘導方法、実際に著者の方が行ってうまくいったことなどが提案・紹介されており、とっても参考になりました。

 

最後に、スマホばかり見ているお父さん、お母さん、子どもはそんなお父さん、お母さんの真似をします。

だから、子どもに「勉強しなさい!」という前に、親が勉強をしている姿を子どもに見せるのです。

そうすると、子どもは自発的に勉強するようになるのだそうです。

 

よ~し、挑戦してみよ。

 

読んだ期間:2017年3月8日 

子どもが小学校6年間にするべきこと

先日に引き続き、子どもの習い事について考えてみました。

 先日のブログはこちら↓↓


習い事は、大事な問題です。

月10,000円前後を毎月毎月払い続けるだけの理由価値があってほしいと、私は思います。

10,000円稼ぐのに、時給1,000円なら10時間働かなくてはなりませんしね。

理由、とは例えば

  • 子どもがめちゃくちゃ楽しそう
  • その習い事によって〇〇の能力が伸ばされる
  • 安くて時間が長いから、その間子どもを預けられて助かる

などなど。

一番は子どもが「これやりたい!」と、自分でやりたいことを言ってくれると良いと思います。

しかし、子どもはどんな世界あるのか、どんな習い事があるのか、知りません。基本的に子どもの世界は保育園or幼稚園と親が全て。

そこに情報提供をしてあげる、(悪い意味ではなく)誘導してあげる、それが親の役割ではないかと考えています。

 

この雑誌には、2013年の記事などもまとめて掲載されたりしていました。

子育て事情、数年前から変わってない部分もあるのだなあ、と思ったり。

子どもを思う親の心は、いつの時代も変わりませんものね。

 

さてさて、結局何の習い事がベストかな、ということです。

我が家の台所事情や子どもの性格から、あまりお金がかかったり、奇抜なことはできません。

また、電車に乗って行くようなところは主人の賛同が得られない可能性が高いため、できません。

自宅周辺で、子どもが楽しんで続けられること、月謝を払い続けることができるだけの負担であること、そんな縛りからは結局「ピアノ」「スイミング」「そろばん」などになりそうです。

それが不本意、というわけではありませんよ。

 

今回2冊の雑誌を読んだことで、世の中の流れもわかりました。

単発イベントなども活用しつつ、子どもにはさまざまな体験をさせてあげたいな、と思いました。

まだまだ情報収集は続けていきますよ~。

 

読んだ期間:2017年2月28日-3月1日

子どもの習い事について

子育て中の親であるなら、誰もが興味を持つところかと思います。

『習い事』。

習い事、って、選ぶの大変です。

  • 月謝がどれくらいまで出せるか
  • 子どもにとってベストなものをやらせたいが、数が多すぎる
  • (子どもがまだ小さい場合)平日は送迎できない
  • 土日が習い事で潰れるのはイヤ

などなど、色々な要因があります。

月謝をどれくらいでも出せるお金持ちの人や、平日でも祖父母が送迎してくれる、等の条件に恵まれた人なら色々やらせてみることもできるでしょう。

しかし、夫婦共働き(この場合は月謝にある程度の金額まで許容できるかと思いますが・・・)で、子どもが小さいが近所に送迎できる人がいないなど(習いごとをするには)条件があまりよろしくない人にとっては、クリティカルに子供の将来につながることをさせたいと考えるかと思います。

私も、それほど収入も多くないし、平日昼間は仕事ですから、やはりクリティカルな習い事をさせたいなあ、と考ています。

 

そこで!

情報収集のため、上記雑誌を購入しました。

キーワードはSTEM!最近よく聞く単語です。

  • Science
  • Technology
  • Engineering
  • Mathematics

色々な教室が紹介されていました。うちからは、場所がネックで結局通えないところも多かったです。

しかし、できる範囲で何を習わせるか、を考えるにあたり、とても有用な内容であったと思います。

 

本質的なことではありますが、そもそも『習い事』って必要なの?というところにも多少言及されていたので、その点についても考えるきっかけになりました。

幼少時の英語教育についても、させた方が良いのか、させない方が良いのか、両方の意見が掲載されていました。

 

結局子供に習い事をさせるのか、させるとすると何をさせるのか、もう少し情報収集し、考えていきます。

 

読んだ期間:2017年2月28日

 

小学校低学年の頃にさせるべきこと

Amazonさんにおすすめされました(笑)

Amazonさんは、本当に私の好みを良く知っています。

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」

 

著者の中根氏は、作文教室「言葉の森」代表、との肩書です。

 

こんなタイトルの本を買っていますが、私自身は、通知表によって子どもが評価され、その結果が悪くても決して子供に無理やり勉強させないぞ!責めないぞ!と決心しています。今のところ。

あまりに評価の低い通知表を見れば、心がザワザワするかも知れませんが・・・。

 

本の帯にも書かれていますが、小1~小3の間は『遊び』が最優先だと思います。

ただ、この『遊び』については、四六時中ゲームをしている、などはダメです。

いえ、四六時中ゲームをしていて、それが、

「こうすればクリアできる!」

とか、

「このキャラは〇〇で、こんな技が使えるのだ!あ~、あんなこともできればいいのに!」

など、新しい発見想像、願わくば創造へとつながっているなら(ある程度までは)OKと考えています。

ただ、「することがないから」ゲームをする、というのはダメだと考えています。

そうしてついてしまったゲーム習慣は、よほど他に楽しみを見つけられない限りはずっと続くと思うからです。

部活に打ち込む!などしてゲーム習慣から抜け出せれば良いですが・・・。

 

この本にも書かれていますが、習慣化すべきは「学習」ですね。

低学年のうちは集中力も続かないので、1日10分もやれば良い、とのことです。

毎日やって習慣化することが大事です。

 

さて、では、どのような遊びが良いのでしょうか。

基本的には上述したようなゲームでなければ、私は何でも良いと考えています。

(この本ではおすすめも紹介されています。)

毎日公園でもいいし、毎日お絵かきでもいい。

子どもはそこから色々なことを吸収していくことと思います。

友達と一緒なら、コミュニケーション能力を伸ばすこともできそうです。

ただ、親が一緒の時にはできれば新しい体験、経験をさせてやりたいですね。

「こんな世界もあるんだ!」「こんなこともできるんだ!」というように、いろんな可能性に気付かせてあげたいです。

 

さてさて、この本では遊ばせること、勉強習慣をつけることの他に、読書がイチオシされています。

これ、とっても共感しています。

読書、というのは集中力だったり、視野の広さだったり、創造力だったりを育む、格安教材だと思います。

どんなテーマのものもあるし、雨でも家の中で楽しめます。

自分で読んでもらうようになるまでは、かなり親の助けが必要かと思いますが。

少なくとも、いろんなジャンルの本を私自身が読み、子どもたちが興味を持てるように(いい意味で)誘導していきたいです。

 

この本には、おすすめの絵本なども紹介されていたので、ひとまずそれらを子供たちに与えてみたいですね。

 

読んだ期間:2017年2月10日~14日