mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

人はお金をつかわずにはいられない 久間十義他

ストーリーにお金をからませた短編集です。各短編間のつながりはありません。 

人はお金をつかわずにはいられない

人はお金をつかわずにはいられない

 

朝倉かすみさんの短編が載っているし、お金も好きだし、読んでみました。朝倉作品を読みつつお金の知識が増やせるかも!という期待も抱いて。

今回の朝倉作品は少しいつもの朝倉作品とは趣が異なる気がしました。SNSのオンラインゲームにどっぷりハマる中年おじさんのお話。面白かったけど、何だか悲しくなってくるような・・・。

 

この短編集の中では、山崎ナオコーラさんの「誇りに関して」、星野智幸さんの「人間バンク」が好きです。

「誇りに関して」については、今の私の気持にピッタリ寄り添っていた気がします。結婚せずに仕事に精を出す中年女性、しかも高収入な医師の話です。環境は全く異なるのですが、なぜか共感できる内容。不思議です。

結婚が良いか悪いか、と言った内容の話ではなく、独身高収入中年女性の様々な葛藤が描かれています。短編なので、すぐにストーリーが終わってしまうのですが、山崎ナオコーラさんの他の小説も読んでみたくなりました。

山崎ナオコーラさんといえば、映画化された「人のセックスを笑うな」以外のことを知りません。しかも、原作は読んでおらず、映画は期待ほどではなく、今となっては内容すら覚えていないという・・・。割と好き嫌いの分かれる作家さんのようですが、果たして私はどっぷりハマることができるでしょうか。

 

「人間バンク」は星新一さんのショートショートを思い起こさせるような内容でした。世界観が似ている気がします。

高校生の頃は星新一さんのショートショートを全て読破するほどハマっていました。今回、星野智幸さんの他の作品ではなく、星新一さんのショートショートを読み返したくなりました。

「人間バンク」の内容はと言えば、少し理解するまでが難しいかな、という感じです。でも、「ああ、なるほどね・・・・。」と思えるような結末。後味は良いのか悪いのか?共感できる人は多い・・・のかな?

 

本当にお金のことがわかりたい人が読むべき本ではありません。私は少しそこのところを間違えて読み始めてしまいました。お金の知識が増やせるかも!という期待は大きく外れます。

そのためか、全体的に面白かったものの、何か物足りない感が残ってしまいました。

 

読んだ日:2018年2月16日

人はお金をつかわずにはいられない

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。  

宇宙兄弟 小山 宙哉

紹介するまでもありませんが・・・。古本で現時点での既刊全巻セットを購入→3日間かけて全巻読破。

宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)

宇宙兄弟(32) (モーニングKC) (モーニング KC)

 

と~っても面白いですね。中年婆の私でも夢を感じられる内容です。

とても流行っていて、映画にもなったマンガ、という認識くらいしかなく、また、30巻超という既刊数の多さもあり、なかなか手が出ませんでした。

でも、先日ご紹介した堀江さんの著書で紹介されており、心が弱っている今、読むべきだと感じたので大人買いしました。心療内科とかでカウンセリングを何回か受ける、と考えると、手元にカタチとして残る上に、心にパワーが充電されていく手応えを感じられたので、結果は安い買い物だったかな、と思います。

小学生、中学生がこの漫画を読んで、多いに宇宙に興味を持ち、星空にロマンを感じてほしいなあ、と思います。そして、宇宙に関係なくとも、いろんなことに対して強い志を持って挑んでいく大人になって欲しいなあ、なんて感じました。

 

ただ、主人公が(どちらかというと)シンデレラストーリー的に宇宙飛行士になる過程は、私はあまり好きではありません。主人公はあまり努力する姿を見せません。(実際、あまり努力していない設定なのかも知れません。)人柄やその時その時の瞬発力、決断力、直感力等に重きを置いて描かれている感じがします。結局、自分とは違うなあ、と思ってしまいます。マンガだからいいですけど。

 

私は、主人公よりも、サブキャラの宇宙飛行士たち(特にJAXAの)が好きです。ファンも多いことかと思いますが、「伊東せりか」がお気に入りです。

 

まだまだ話は続いていおり、この先どうなるのか、どんなネタが出てくるのか興味深いところです。33巻よ、早く発売されておくれ!

 

読んだ日:2018年2月5日~7日

宇宙兄弟 コミックセット (モーニング KC) [マーケットプレイスセット]

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた 他1冊 堀江 貴文

堀江貴文さんの本を読みました。

まず1冊目↓↓

2冊目↓↓

たまたま2冊連続して読んだわけですが。以前に堀江さんの別の著書を読んで、堀江さんの考え方に触れてみたくなったのです。

過去記事↓↓

基本的な考え方はず~っと変わっていないみたいです。

合理主義&新しいモノ好き。好奇心旺盛な方です。

刑務所に入っていたことすらもネタにするパワフルさです。そもそも、「ネットが・・・」の方は、刑務所で読んだ本の中から秀逸なものを紹介するような内容です。

そのパワー、好奇心、行動力、全部羨ましいです。今の私には欠けているものたち。だけど、もし現実でそばにいるとすると、疲れてしまいそうです。遠い存在のホリエモン、くらいの距離感が私にはちょうど良い感じ。いつもと同じ日常を過ごしているのが心地よい、というぬるま湯的考え方の私に、冷水を浴びせかけて震えさせるような刺激を、本からもらうだけで十分です。(結局ぬるま湯)

 

「面白い・・・」ではallマンガの紹介、「ネットが・・・」の方でも、一部マンガが紹介されています。読んだことがないマンガが多くてびっくり。存在すらも知らなかったマンガたちです。と言っても、ここ数年はマンガから少し遠ざかっておりましたから。

 

紹介されているものは全て「読んでみたい!」と思いましたが、我が家の財力ではすべてを購入することは難しく、とりあえず、「かくかくしかじか」と「チャンネルはそのまま!」をポチりました。東村アキ子さんも佐々木倫子さんも、元々割と好きな漫画家さんです。

特に、「ママはテンパリスト」は何回も読んだし(ごっちゃんは今何歳になったのかな)、「動物のお医者さん」「おたんこナース」は大学生になっても読んでいました。

早く届け~。楽しみ楽しみ♪ 

 

何か面白い本読みたいなあ、と思っている方は、読んで損はないと思います。何か読みたい本が見つかることでしょう。

「ネットが・・・」の方は、(私なら)難しそうで敬遠してしまうようなジャンルやテーマの本も何冊も紹介されていて、知識欲が満たされない方にももってこいです。私は、こちらで紹介されているマンガ以外の本は、あまり「読んでみたい!」とはならなかったのですが・・・。

 

ところで、どちらも堀江さんの写真が表紙に載っているのですが、あごの辺りのお肉のつき方が全く違います。シャバへ出ると、ムショとは生活が変わるのはわかりますが、「こんなにも変わるものなのか・・・」という感じですね。元に戻っただけかな?

内容とは全く関係がありませんが。 

 

読んだ日:2018年2月5日~2月7日

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)

面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わった

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

そんなはずない 朝倉 かすみ

久々に朝倉かすみさんの小説を読みました。

そんなはずない (角川文庫)

そんなはずない (角川文庫)

 

3~4か月前にどっぷりはまって以来、しばらくぶりです。

何とも不思議な姉妹の恋模様。出番の少ない母親の存在感。

ああ、朝倉さんの世界だなあ、と思いました。

朝倉さんの小説に出てくるような人って、本当にいるのかな?私の知り合いにはいなさそうな気がしますが、どこかに本当にいるのかも知れません。

 

ただ、今の私の気持には少しフィットしない小説でした。

おもしろくない、と言っているわけではなく、ただ読んだ時期が悪かったかな、という感じです。3か月前に読みたかった・・・。

 

何か、前向きに生きて行こう!と思えるパワーをもらいたい。そんな小説はないでしょうか。

 

読んだ日:2018年1月下旬

そんなはずない (角川文庫)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

反省させると犯罪者になります 岡本 茂樹

Amazonさんからのおススメに入っていた本です。

みなさんは、何か悪いことをした人に、反省を強要していませんか?

反省させると犯罪者になります (新潮新書)

反省させると犯罪者になります (新潮新書)

 

著者の別の本も過去に読んでいます↓↓

要点はどちらも同じかなと思います。抑え込むと、いつか爆発します。

 

以前読んだ「指導死」とリンクしました。「反省」という点で。 


本書は5章構成です。

 まえがき

 第1章 それは本当に反省ですか?

 第2章 「反省文」は抑圧を生む危ない方法

 第3章 被害者の心情を考えさせると逆効果

 第4章 頑張る「しつけ」が犯罪者をつくる

 第5章 我が子と自分を犯罪者にしないために

 あとがき

 

本書では安易に反省させることを否定しています。それでは本当の反省は得られないのです。何故悪いことをしたのか、本当の原因を突き詰めてこそ、真の反省が得られます。再度過ちを犯すことを防止します。

 

人は、自分がされたことを、人にして返すものです。-中略-

人を傷つける人は、自分自身が傷ついていると理解できます。自分自身が傷ついているから、自分自身を大切にできないのです。

自分の痛みに鈍感になり、そうすると、他者の心の痛みにも気付けなくなる、と書かれています。そして、人を傷つけること、犯罪を犯すことに罪悪感を抱かなくなるそうです。他者の痛みに気づくことができれば、少なくとも他者を傷つけるような行動はしないはずです。

他者を傷つける人は自分が深く傷ついている、そのことに本人が気づかない限り、同じことを繰り返すことになってしまいます。安易に反省を促す、反省文を書かせるという事は、表面的なところで事態を収束させているに過ぎないのです。

指導死、では、行き過ぎた指導が生徒を自死に追いやっています。そこまでして「反省させる」ことは、本当に無意味なことなのです。

 

著者はこのようにも書いています。

反省は「自分の内面と向き合う機会」を奪う事

問題行動を起こした時こそ、自分の内面と向き合うチャンスなのです。自分の内面と向き合い、否定的感情を外に放出することで、「しんどさ」から解放されるのです。なのに、安易な謝罪と反省文を強要することは、結果、抑え込まれた状態が持続し、「しんどさ」をため込み、爆発させてしまうのです。

 

著者は「しつけ」についても言及しています。

人は皆、弱い生き物です。だからこそ、人は人に頼って生きていかないといけません。

しっかりした人間に育てたい。これは、親なら少なからず考えることだと思います。そして、我慢強く、弱音を吐かず、人に迷惑をかけないような人間に育つようなしつけをします。このことが、子どもを生き辛くさせ、ストレスをため込ませ、爆発させるのです。本当は寂しいのにその気持ちを抑え込む(弱音を吐かない)、本当は苦しいのに誰にも相談できずため込む(我慢強い)、しつけによって刷り込まれた価値観が子ども本人を苦しめていってしまうのです。

いじめ、をする子も、犯罪を犯す人と同じような境遇です。しつけによって刷り込まれた価値観が多ければ多いほど、他者の「許せない部分」が増えていき、他者と良好な関係を築くことができなくなってしまいます。

 

おっとっと、私は変な価値観を子どもに刷り込んでいるかもしれません。変な、というか、自分流の勝手な価値観。そして、子どもを窮屈にさせてしまっている可能性が大いにあります。そして、結果不登校、みたいな?

こういった「親の思い込みにも等しい価値観」を子どもに押し付けることで、子どもの心が壊れてゆく、というようなことは、他の不登校本にも書かれています。だから、今更気付いたわけではありません。でも、「押し付けない」「命令、指示はしない」「口を出さない」など、また自分に言い聞かせることができました。

うっかりすると、ついつい、押し付け、命令、指示、口出しをしてしまうので・・・。

 

始めの方にも書きましたが、要は「抑圧しない」ことが大事なのです。子どもの気持に共感して、子どもが安心していられる場所であること、それが親の役割です。

 

読んだ日:2018年1月30日-31日

反省させると犯罪者になります (新潮新書)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。  

無理して学校へ行かなくていい、は本当か 水野 達郎

だいぶ前に読んだ本ですが、読んだ記録として。

無理して学校へ行かなくていい、は本当か

無理して学校へ行かなくていい、は本当か

 

「ペアレンツキャンプ」という、不登校からの復学支援、家庭教育支援団体の代表理事の方が書いた本です。

ペアレンツキャンプHP↓↓

http://www.parents-camp.jp/

 

ざっくりと不登校の原因および親がとるべき対応、学校以外の選択肢の紹介、ペアレンツキャンプの紹介、が書かれています。

6章構成です。

 第1章 どうしてうちの子は学校へ行けないの?

 第2章 再登校への取り組み

 第3章 訪問カウンセリングという不登校支援

 第4章 家庭での親の対応力が大事

 第5章 不登校を乗り越えた親からの手紙

 第6章 家庭力アップのサポート

 

子どもが不登校し始めた時に読んで、とても参考にした記憶があります。特に親の対応のところですね。ペアレンツキャンプに申し込もうかと思ったほど。

 

ペアレンツキャンプのHPをご覧いただければ、ペアレンツキャンプというところが何をどのようにしてくれるのかが分かります。

実際に支援を受けようとすると、親子の会話を1週間分記録する必要があります。これ、なかなか大変だなあ、と思いました。

録音しておいて書き起こす?会話するたびに記録する?どちらにしても、私には無理だな、と思ったのです。時間的にも性格的にも。今でもそう思います。

「それは、本気で不登校を解決したいと思っていないのだ!」。はい、そうかも知れません。

学校へはもちろん行ってくれるに越したことはないですが、色々な本を読むうちに、行かなくてもいいかな、と思い始めています。

そんなこんなで、結局ペアレンツキャンプに申し込むことはしていません。(切実な問題として、月謝も結構高いし・・・。)

 

ちなみに、ペアレンツキャンプHPに掲載されているブログは、今でもよく読んでいます。不登校のお子さんがいる迷えるご両親にはお勧めのブログだと思います。マインドチェンジの参考になるし、不安を解消する手助けになります。

 

 

さて、本書の内容で最も覚えておきたいことを一つ。

アクティブリスニングの方法です。アクティブリスニングとは、能動的に話を聞く方法です。一般的に「傾聴」と言われる方法のようです。

①子どもの言ったことを繰り返す

②タイミングに応じて要約する

③子どもの気持ちを汲む

上記3点により、共感的に子どもを理解する。

子どもは親に、意見、アドバイス、指示、命令などは望んでいません。

共感してもらうこと、親に自分の気持ちを分かってもらう事を望んでいます。親としては、良かれと思って色々言ってしまうのですが、それは子どもが自分の殻にこもってしまうことを助長するだけなのです。

子どもと親の良好な関係を築くために、子どもが自分を安心してさらけ出せる環境を作るためには、アクティブリスニングが大事なのです。

 

読んだ期間:2017年10月上旬

無理して学校へ行かなくていい、は本当か

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

本当に頭がいい子の育て方 高濱 正伸 他1冊

花まる学習会代表の高濱正伸さんの著書を2冊読みました。

花まる学習会、という名と、その人気ぶりは、1年ほど前に友人から聞いて知っていましたが、その人気の理由が少しわかった気がします。

本当に頭がいい子の育て方

本当に頭がいい子の育て方

 
わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)

わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)

 

2冊連続で読みましたが、内容は非常に似通っていました。

これから読むなら、どちらか1冊で良いと思います。

 

要は、子どもの体験、経験を大事にしろ、ということでしょうか。

特に低学年の子供は、算数や国語のドリルをやらせるよりは、外遊びをメインでやった方が、結果的に集中力、応用力、粘り強さ等が育まれる、との主張です。

これには賛同します。外遊びが〇〇力につながる、ということを目の当たりにしてきたわけではありませんが、今現在の私の周りの「優秀だなあ」と思う人のことを考えてみると、何となくわかる気がするのです。

ちなみに、私が「優秀だなあ」と思うのは、仕事でもそこそこの成果を出していたり、ポジションについていたりして、更に心から楽しそうに趣味に打ち込んでいるような人です。リア充的な感じ?

つまり、人生楽しそうな人ですね。

私は今「人生楽しい!」とまでは思えません。人間として落ちこぼれかもしれません。

 

まあ、私の人生は今はどうでも良いのですが・・・。

 

子どもを絶対ニートにしない方法、や、中学受験対策(どんな子が中学受験に向いているか等)なんかも書かれていました。

 

いくつか、忘れたくない部分をメモ↓↓

子どもにやる気を出させる「いちばんいい方法」は、「お母さんがいつもニコニコしていること」

東大生に聞くと「小さいころ親から勉強しろと言われなかった」「母がいつも笑顔だった」という人が多いみたいです。

勉強しろと言わないこと、いつもニコニコしていること、このたった2つのこと、多くの母親にはハードルが高いかも知れませんね。私にとってもかなりハードル高いです。

「宿題したの?」と、ついつい聞いてしまったり、イライラを表情に出したり。

私としては、親にも感情があるのだから、お母さんがいつもニコニコしていること、が正しいこと、良いことなのかどうかは、議論の余地があると、ちょっぴり考えています。

結局は、東大に行かせたいから、と、表面的に上記2つの事を実行する親は東大生の親の器ではなく、自然体で実行している親の子供が伸びていくのでしょうね。

 

大切なのは正しさではなく、自分の体験の中から見つけた答えを言葉にすること

「自分の体験の中から」というのがミソなのでしょうね。体験して得られた答えは芯がしっかりしていてブレないし、さらにそれを「言葉にする」ということは、語彙力、表現力がきちんと身についている証拠です。

体験が、自分の信念を築き上げていく、そんな感じでしょう。 

 

体力のある子どもは、逆境に強い。

う~ん、何かわかる気がします。私自身が体力ないですが、逆境に弱い弱い。逆に知り合いなんかは体力が有り余っている感じですが、逆境を楽しんでいる。私の中のサンプル数は果てしなく少ないですが、体力=頑張り抜く力の基礎、というイメージです。

 

読んだ期間:2018年1月

本当に頭がいい子の育て方

わが子を「メシが食える大人」に育てる (ファミリー新書)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。