mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

天久鷹央の推理カルテ 知念実希人

先日紹介した プレジデントFamily 2018年10月号で紹介されていた本です。

と言っても、紹介されていたのは文庫本であり、コミックスではなかったのですが、間違えてamazonでポチってしまいました(^_^;) 

天久鷹央の推理カルテ (1)

天久鷹央の推理カルテ (1)

 

プレジデントFamilyの感想はこちら↓↓ 

いやあ、一気に読んじゃいました!

元々、海堂尊氏の小説など、医療系のお話は大好物です(^_^)

山崎豊子氏の「白い巨塔」は小説も読み、ドラマも見ていました。(唐沢寿明さんの名字を、唐沢だったか財前だったか迷うほど熱心に。)

そして、医龍コウノドリ(これはドラマだけ)、ブラックジャックおたんこナースなど、めっちゃくちゃ好きです。

病院のウラガワみたいなところを少し垣間見た気になれるのと、命の尊さを手っ取り早く再確認させてもらうことができるところが、きっと好きなのだと思います。

コウノドリとか、真面目に泣きました(ドラマですが)。

そして、何よりもそういう小説に出てくる超絶スーパーウルトラ天才医師が大好きなのです!(おたんこナースは著者の作品が好きなのですが。)

(ドラマですが、ドクターXも全シリーズ全話見ました。コードブルーとかDOCTOR-最強の名医-なんかも。)

 

内容はというと、天才天久鷹央(♀)医師が、病院で起きる快事件をスパ~っと解決していく、まあ、いわゆるベタなストーリー展開です。

少し詳細な医学的内容がなければ、おもしろくないかも、というレベルでベタな展開。

内容にはもちろん満足しています。そして、『知念実希人の蛇足カルテ』という、お話とお話の間にある、原作者のコラムが興味深いです。

そこで明かされる医師の実態に、「そう思ってた~!」と思うものから、「そうだったのね・・・」と思うものまで、色々あります。

 

絵もきれいだし、間違えてコミックスを購入したけど無駄にはならなさそうです。

内容もそれなりに面白いので、小説の方も読んでみようかな、と思っています。

 

読んだ日:2018年9月

天久鷹央の推理カルテ コミック 全4巻セット

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村  

AIで私の仕事はなくなりますか? 田原 総一朗

これ、気になっていました。

AIって、何でもできちゃうイメージで、いずれは人間のする仕事がなくなってしまい、果てはAIに世界を乗っ取られるのでは・・・、というSFチックなことも考えたりしませんか?

AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)

AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)

 

ジャーナリストの田原総一郎氏が、「雇用の未来」という論文の存在を知り、また、マイケル・オズボーン氏と野村総研の共同研究の結果「10~20年後に、日本人の仕事の49%がAIに取って代わられる可能性がある」ことを知り、AIについて探求するためにグーグルやドワンゴ人工知能研究所などのキーパーソンに取材を行いました。

そして、取材の様子を講談社のウェブ・マガジンに連載し、それをまとめたのが、この本だということです。

 

AI、って、わかりますか?

人工知能でしょ、程度が私の知識です。

では、AI、って、何をするのですか?

囲碁とか将棋とか車の自動運転とかでしょ、程度が私の知識です。

 

まずは、AIについて、ほとんど何も知らないな、ということがこの本を読んでよくわかりました。

私は、特化型人工知能と汎用人工知能、という言葉すら知りませんでした。(ご存知でした?)

そんな私が漠然と「AIで将来仕事が失われてしまうのか」と恐れていたのですから、笑えます。

私の職業は、AIに取って代わられると言われたり、取って代わられにくいと言われたり、結局どっちやねん!という状況の職種です。

(基本は悲観的なので、取って代わられるという方を信じてしまうのですが(^_^;))

田原総一郎氏がAIについてさほど詳しくないということで、専門家の話もかなりかみくだいて一般人でもわかりやすくなっています。だから、とても読みやすかった。 

 

この本では、10名のキーパーソンが取材に答えています。

AIの研究に直接関わる人から今後AIをどう取り入れていくのかを考える人まで。

個人としての意見が色々述べられています。もちろん未来のことは誰にも予測できませんし、各人色々な意見が出ていました。

ゆえに、この本のタイトルにもなっている、「AIで私の仕事はなくなりますか?」という問いに対する答えは様々です。

 

私が一番印象的だったのは、「機械化の際、職人たちは「仕事がなくなる」と言って機械を壊した。が、結果的には機械が普及したおかげで仕事が増えた。今回のAIについても、同様のことが起こるのではないか」という考え。

AIを補助的に使って、人間は創造的独創的な仕事だったり、対人的な仕事に力を入れていくこともできるわけです。

AIとうまく共存できれば、仕事の幅が広がるわけですね。

もしかするとこれは楽観的な考え方なのかもしれませんが、AIと人間がうまく共存していける方も、私は信じたいです。

 

読んだ日:2018年9月10日~12日

AIで私の仕事はなくなりますか? (講談社+α新書)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

 

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました わたなべぽん

私も一応女性という分類のため、やはり体重とか体型は気になるわけです・・・(^_^;)

三十路も半ばを過ぎ、だいぶ胴回りや腕に肉がつきました。(足はもともと太い)

ど~しても痩せたい!と思ってこの本を選んだわけではなく、以前、わたなべぽんさんの別のコミックエッセイを読み、結構面白かったので、たまたま見かけたこの本をついつい手に取ってしまいました。

 

以前読んだのは、断捨離の本です↓↓

とりあえず、絵がかわいくて見やすいです。

あと、考え方が結構似ているみたいです。だから共感できるのかも知れません。

 

この本も、すらすらすら~っと15分くらいで読めちゃいました。

内容も、「美人の真似をする」ということがメインで、特定のダイエット法などをお勧めするものではありません。それが逆にとっつきやすく感じます。

身近の美人を真似したり、あるいは、美人だったらこうするだろうな~、という行動をしたり。これくらいならできそうな気がします。

 

ただ、一つ共感できなかったことが!

著者は学生時代に陸上部だったとかで、走ることにそれほど抵抗感がないようです。でも、正直言って、私は走るのが面倒臭いです。

 

そう、運動できないタイプなんです・・・。

でもでも、走ったり歩いたりはマネっこできないですが、美人の真似(お腹がすかないと食べない、休日は優雅(?)に暮らす等)はできそうなので、まずはそこからやってみようかと思います。

 

身近な美人の真似をして、少しでもスリムボディを目指したいと思います。

 

で、さっそく私の身近な美人の朝食「甘酒」を試してみました。

先日ブログで紹介したとおり、パン&コーヒーをやめようと思っていたので、俄然やる気です。

 

甘酒まず~い・・・

 

私が買ったものがたまたま口に合わなかったのか、甘酒自体の味が好きではないのかわかりませんが、これは真似できなさそうです。

甘酒マストではないので、甘酒は今後は二度とやらないです(=_=)

 

読んだ日:2018年9月初旬

スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました (コミックエッセイ)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村  

 

パン&コーヒーをやめる記事↓↓

mayu-banzai.hatenablog.com

 

プレジデントFamily 2018年10月号

定期購読しています。まだまだ自分の子供には直結しないと思いますが、頑張っている子たちのお話を読んで一人胸ふくらませているのです。 

今号の特集は、『東大生192人 頭のいい子の本棚』です。

いやあ、なんだかんだ言っても東大と聞くと「へえ~」となってしまいます。

学歴社会でなくなってきているとしても、東大に入るくらいだから、勉強に対する情熱&根性、要領の良さや一途さなど、何か光る部分を持っていそうだからです。

自分の子供には、やることがわからないならとりあえず東大を目指して欲しいです。

東大に行っていれば、やりたいことが見つかった時に、東大内に受け皿があったりコネクションがあったりする気がします。

(※プレジデントFamilyが東大を推しているわけではありません) 

 

で、東大生の本棚。小さいころ何を読んでいたのかな、何年生くらいでどんな本を読んでいたのか、とっても興味深いです。

その本を読んだからと言って、東大に入れる確率が上がるわけでもないと思いますが、何か気になります。子どもに読ませたい。

 

プレジデントFamilyでは毎号多かれ少なかれ図書の紹介があります。

そして、毎号知らない本に出会います。

今号でも、知らない本が数冊出てきました。何冊かはamazonでポチッとしてしまいました。その中には、小難しい本だけではなく、漫画や図鑑といった、子どもにはとっつきやすいものも結構あります。

あと数年もするとラインナップも変わってくるのでしょうけど、色んな事に興味を持って、色んな事を知りたがって欲しいので、今からそろえて行こうと思っています。

 

受験勉強が本格化する5-6年生になる前に本はたくさん読んでほしいですね。

 

(プレジデントFamilyは小学生の親が読者層です。)

 

読んだ日:2018年9月上旬

プレジデントFamily(ファミリー)2018年10月号(2018秋号:東大生192人 頭のいい子の本棚)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

パンと牛乳は今すぐやめなさい! 内山 葉子

タイトル通りです。パンと牛乳を全面的に悪としてみなしている内容です。

パンと牛乳は今すぐやめなさい! (3週間で体が生まれ変わる)

パンと牛乳は今すぐやめなさい! (3週間で体が生まれ変わる)

 

小麦のグルテンや牛乳のカゼインがアレルギー症状を引き起こしたり、ある種の病気を発症させたり、という話は以前からチラッと耳にしたり記事を目にしたりしていました。

が、これまで特別気にかけずにパンや牛乳を飲食していました。

そんなに健康状態が気になっていなかったからかも知れません。

 

今回この本を読んで、マジでパンと牛乳やめようかな・・・と思いました。

私は、朝食にトーストとコーヒー(牛乳入り)がデフォルトです。

たまに菓子パンをパン屋さんで買ってきたりもしますが、朝食が和食であることはほとんどありません。(おかずとか面倒くさいし・・・)

だから、パンと牛乳をやめるとなると、朝食の全面改革が必要です。

それって、めっちゃハードル高い気がする。

 

朝から納豆とか食べる気がしないし、魚なんて焼くとお金かかりそうだし、ましてや肉系のおかずとか作れないし、かと言って、ごはんと卵と味噌汁(残り物orインスタント)じゃ毎日飽きそうな気もするしなあ・・・。

なんて言い訳をタイピングしているうちに、「あれ?ごはんと梅干とか漬物と卵と味噌汁なら簡単じゃない?」と気づきました。

立派なおかずを用意しようと思うと無理ゲーになってしまいますが、それくらいならできそうですね。シラスや味のりなんかも常備すると、おかずのバリエーションが増えそう(^_^)とりあえず、飽きるまではやってみようかな。

そもそも、今のパン食よりも、味噌汁が増える分純粋にヘルシーになるのでは?とも思います。

 

で、なぜやってみようかという気になったかというところなんですが、実はここ数か月肌の調子が悪くて超悩んでいます。

ホルモンバランスが一番の原因ぽいですが、下地としてそもそも肌があまりきれいではありません。皮膚科にも行ってみましたが、イマイチ満足する結果にはつながっていませんでした。

たまたま読んだこの本に、肌荒れやイライラ、精神不安等も小麦・牛乳が原因である可能性がある、といったことが書いてあり、是非試してみたくなったのです。

やめる、だけなので、お金も時間もかかりませんしね(^_^;)とっつきやすいのは確か。

上述したように、和食にする場合の献立には少し迷いますが、ネットなんかで楽チン朝ごはんのネタを集めてやってみようかと思います。

 

何かしら身体の不調がある方には、是非1度読んでほしい本です。そして、実践して改善されればラッキーですね!!

 

読んだ日:2018年9月上旬

パンと牛乳は今すぐやめなさい! (3週間で体が生まれ変わる)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

はたらかない細胞 杉本 萌

はたらく細胞スピンオフ!

はたらく細胞」の清水 茜さん監修です。

はたらかない細胞(1) (シリウスKC)

はたらかない細胞(1) (シリウスKC)

 

赤血球になりたがらない赤芽球(赤血球前駆細胞)と、その面倒見役のマクロファージ先生のやりとりが描かれています。

 

微笑ましい感じです。

「何で赤血球にならなきゃいけないのか?」という疑問を持って赤芽球でいつづける者や、「まだ知識が十分ではないから」とおびえて赤血球にならない者など、マクロファージ先生の手を焼かせるメンツがそろっています。

 

ずっと赤芽球とマクロファージとのやり取りなので、「はたらく細胞」のように知識欲が満たされる内容ではありません。

ただただ、微笑ましい。

はたらく細胞」の息抜き、という感じですね。

 

1巻では赤芽球vsマクロファージのみでしたが、2巻もこの流れが続くのでしょうか?

そうだとすれば、少し飽きてしまうかも(^_^;)

 

読んだ日:2018年9月5日

はたらかない細胞(1) (シリウスKC)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

はたらく細胞」の感想はこちら↓↓

「はたらく細菌」の感想はこちら↓↓

mayu-banzai.hatenablog.com

 

 

学校は行かなくてもいい 小幡 和輝

不登校経験者の小幡和輝氏の著作です。

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

 

不登校関連の本は多く読んできました。

これまでの本の多くは、研究者だとか心理学者だとか親だとか、サポートする側の人間が書いていたと思います。

 

この本は、不登校を経て大人になった本人の書いた本です。

記憶にある限りでは、漫画で2冊、体験談のようなものを読んでいます↓↓

内容としては、小幡氏が不登校を始めたキッカケや不登校時代の過ごし方、そして親の関わり方、現在に至るまでが書かれています。

 

やっぱり、本人の体験談って、不登校当事者の気持を知るうえで、実感を伴って受け入れることができると思います。

いくら専門家が「子どもたちはこう思っている」と説明し、たとえそれが正しかったとしても、どこか完全には受け入れることができていなかった気がします。私は。

 

小幡氏は、不登校経験者の中でもかなり少数派の部類の方なのだろうと思います。本まで出版することができたのですから。

不登校でも、こんな生き方もできますよ、という一例。社会的に見ての成功例の一例であり、「こんなの大多数の人はできない生き方でしょ」という意見も当然あるでしょう。

 

でも、明るい希望の光であることには間違いありません。

不登校でも人生終わりではない!学校がすべてではない!いう言葉に説得力を持たせることはできるかと思います。

 

不登校の本人、親にはぜひ読んでほしい本です。

不登校とは縁も何もない人には読まないでほしいです。そんな人が読んで「こんなの成功例だ!レアケースだ!」とは騒がないでほしいので。

 

読んだ日:2018年8月下旬

学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

ブログランキング参加中↓↓お気持ちのクリックをお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村