mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

つまずく子ほど大きく伸びる 生駒 富男

 第一高等学院という通信制高校の理事長である生駒富男氏による著書です。 

つまずく子ほど大きく伸びる

つまずく子ほど大きく伸びる

 

 第一高等学院HPはこちら↓↓

https://www.daiichigakuin.ed.jp/

 

サッカーの香川真司選手の出身校でもあるそうです。

通信制高校の口コミサイトみたいので口コミを見てみましたが、さほど悪い口コミはありませんでした。キャンパスが多く、場所によっては自由な校風が「だらけ」に繋がっているところもあるようですが・・・。

わが子については高校はまだまだ先の話ですが、目に止まったので参考までに読んでみました。

 

まず、全体を読んで、理事長の考え方はとても素晴らしいものであったと思います。生徒たち一人一人の個性ややりたいことを尊重し、伸ばしていこうという考えです。そして、生きていく上で大事な力を身につけてほしいと、特色あるカリキュラムを組んでいるようです。

書かれていること全てが実現するなら、第一高等学院に通う子は非常に強い大人になれるような気がします。ただ、理想論をすべて並べて、第一高等学院という学校を魅力的なものに見せようとしすぎているような印象も受けました。(要は、うさんくささ、ですね。)

勉強以外のやりたいことがあって、高卒の資格もとりたい、そんな人には最適ではないかと思います。(通信制高校がそういうものである気もしますが。)しかし、本になるくらいなら、世の中にはこういった高校は少ないものなのでしょうか??

 

不登校の生徒も多くいるようなので、保護者としては安心かも知れません。

 

本書は4章構成です。

 はじめに

 第1章 多様な学びの場を提供する通信制高校

 第2章 不登校・ひきこもりからの再チャレンジ

 第3章 「自他肯定感教育」でもっと自分を好きになる

 第4章 チャレンジ・再チャレンジの高校

 おわりに

 

いくつか印象的だったところを。

優等生だった生徒が不登校になり、ひきこもるというのは、自分を肯定できない結果と言えます。

中学までは成績トップでも、高校では平均的な成績になってしまう。そんな時に、アイデンティティが崩壊し、不登校になってしまう子がいるようです。

勉強だけが、唯一他人が自分を認めてくれるものだったのでしょうね。自分で言うのもなんですが、私は中学生の時には学校でトップの成績でした。高校は割かし自由な校風の進学校へ。しかし、私は高校では落ちこぼれでした。そこで、「私って何のとりえもないやつなんだ・・・」と悲観的になることもなく、なんとな~くおちこぼれのまま適応していっていました。

が、ここで適応できない人が不登校⇒引きこもりとなってしまうのですね。

優等生、危険です。

 

生徒たちの悩みは、第三者から見たら容易に対処法は見つけられても、本人が対処法を見つけるのは難しいのです。

なるほど、一理ありますね。他人が悩んでいるのを見ていると「こうすれば良いのに・・・」と思ったりしますもんね。自分の子どもを見て「もう、こうすれば良いのに!(イライラ)」とならないように気をつけようと思います。

だって、本人にとっては、出口の見えない悩みなのですもんね。 

 

自他肯定感

自分を対象にした自己肯定感という言葉は有名ですが、この「自他肯定感」というのは第一学院高校の基本となる教育みたいです。

自分を肯定する→他者も肯定する→もっと自分も周りの人も好きになる

何か宗教チックにも見えますが、結局は「もっと自分を好きになる」ための教育でしょうか。否定はしませんが、何か一歩ひいてしまいます。

もちろん、考え方そのものは素晴らしいと思いますよ。世界平和的な。

 

脳は思考、感情、体調に分かれており、最も強く行動に作用するのは感情なのです。

どっかの自己啓発本で読んだような・・・。

 

他喜力

自分ではなく、他人を喜ばせる能力の事。他喜力は自分の実力を何倍にも大きくしてくれる、とのことです。

 

他喜力はに人に五つのすごい力をもたらします。人を動かすこと、究極のアイデアを生むこと、ストレスをなくすこと、欠点をなかったことにしてくれること、自分が大好きになること-の五つです。

他人のために何かをする、というのは、後味の良いものです。そして、大体において、善意でされることに対しては、少なくとも嫌な気分はしないものですよね。

人間関係を円滑にする上で必要な力でもあると思いました。

 

社会人にとっても、ためになる部分が多かったと思います。読んで損はないけど、少しうさんくささが漂う、そんな感じの本でした。

 

一つ残念だったのは、本のタイトルである「大きく」を感じられなかったことです。ごくごく一部の、スポーツや芸術活動と並行して高校に通う生徒のことを大きく取り上げ、不登校あがりの生徒については「何事もなく、楽しく高校生活を終え、ふつうの職に向かって頑張ってますよ~」というにとどまっている印象でした。

私がタイトルを見て想像した「大きく」には、当てはまらない事例がほとんどだったと思います。このへんは各個人の価値観によると思います。

不登校の子が楽しく学校に通えただけでも凄いじゃないか!という意見ももちろんあると思います。私もそう思いますが、本にするくらいなら、もっとビッグなことに挑戦している卒業生・在校生(元不登校に限る)の紹介があって欲しかったです。

 

読んだ日:2018年1月11日~1月12日

つまずく子ほど大きく伸びる

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

母は汚屋敷住人 高嶋 あがさ

私の母が片づけられない人、というわけではなく、純粋におもしろそうだったから興味のみで読んでみました。  

母は汚屋敷住人

母は汚屋敷住人

 

本当にこんな人いるのかな・・・?という感想ですが、そういえば以前テレビで、片づけられない人のおうちに行って綺麗にしてあげるような企画があったように思います。

たとえば女芸人さんのお部屋を「汚部屋」と言って、片付けのプロと一緒に訪問し「ごみ袋〇〇袋分捨てました!」とか、一軒家で家の中から周囲までを数日かけて業者と一緒に(というより業者が)片付け、「トラック〇〇台分の不用品を処分しました!」「歩く道ができた!」などとやっていたような。

その方たちのその後はわかりませんが、同じ芸人の人が何度も同じような企画に出ていたところを見ると、一時片付いたとしても、またすぐに元の汚い状態に戻ってしまうようですね。

 

テレビで「ひょえ~」と思いながら見ている分には、まだ楽しいです。自分も片づけられない方だと思っていますが、まだマシ、なんて思うこともできます。

が、それが身内の話だったら、また状況が変わってきますよね・・・。

 

この本では、著者のお母さん(65歳)の片づけられなさ、いえ、片づけられないというよりは捨てられなさと、片づけたい、捨てたい著者のバトルが描かれています。

モノをため込む人、というのは、「もったいない」「いつか使う」「スクラップしてから捨てる」など、ただ捨てることに抵抗感が大きいのですよね。壊れた家電なんて明らかにゴミなのに、なぜか捨てない。理解不可能です。著者のお母さんもそうです。

著者がこっそり捨てようものなら「なぜ勝手に捨てたのか」と怒ります。

それならば確認をとってから捨てようとしても「これはいる、あれもいる」と埒があかない。

「捨てなければ家が壊れる」というところまできても、まだ捨てない。お医者さんに診てもらえば何か病気の診断がつくレベルなのでしょうが、治療するにも本人が「治したい」という意思がないとどうしようもないようです。

そこで、著者はあれこれと作戦を立ててモノを減らしていきますが・・・。

 

著者の奮闘と、それをあざ笑うかのようなお母さんの行動が、読んでいて楽しかったです。でも、自分の母じゃなくて良かったです。本当に。

認知症などで、それまできっちりと片づけられていた人が、モノをため込むようになったりするそうなので、ある日他人事ではなくなる可能性も十分にありますが。)

 

読んだ日:2018年1月11日

母は汚屋敷住人

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

文部科学省は解体せよ 有元 秀文

図書館で見かけて、「おや?」と思って即借りました。

不登校ネタの本を読み漁る以前の私だったら、見向きもしなかったでしょう。

文部科学省は解体せよ

文部科学省は解体せよ

 

有元秀文さん、という方を私は初めて知ったのですが、有名な方なのでしょうか。文部科学省のあり方、存在に対して物申し続けている方みたいです。

 

本書は7章構成です。

 はじめに

 第1章 文部科学省のどこがおかしいか~私がこの目で見てきた文科省

 第2章 二〇二〇年、公教育の崩壊が始まる

 第3章 小学校にも中学校にも精神疾患教師が多いわけ

 第4章 天下りに不正・・・ついに開いたパンドラの匣

 第5章 文部科学省をどうやって解体するか

 第6章 文部科学省の支配から、どうすれば逃れられるのか

 第7章 教師たちよ、言いなり教育からの脱却を!

 おわりに

 

感想としては、「それでも、解体は無理なのだろうなあ・・・」というもの。もちろん、かなり大げさに記述してインパクトを与える目的があっての内容なのでしょうが、なんだか非現実的な感じがしてなりません。

多かれ少なかれ、省庁ではムダな仕事も利権がらみの仕事もあるのだろう、ということは頭ではわかっています。我々の血税を、ムダに使っているような事業等も多いのでしょう。

それは何も文科省に限ったことではないと思うんですよね。欲を言えば、全ての省庁のざっくりとした無駄を列挙し、特に文科省ではこうだ、という理屈でも欲しかったです。ただ、元文科省職員ならではの視点や内容もありました。

学力テストの無駄、天下りのひどさ、新指導要領への批判(英語教育とプログラミング教育の導入によるさらなる学力低下の危惧)などは、納得できる部分でもありました。

 

ただ、子どもを学校に通わせる一人の保護者としては、文科省解体すると想像したとき、

①教育格差の拡大

②中央で行っていた仕事(不要なものは除く)を結局現場がするのであれば、教師の負担がさほど減らないのではないか

という点が気になります。

そりゃあ、夢と希望に満ち溢れて教師になった人にとっては「やりたいようにやらせてくれ!」って感じなのかも知れませんが。

 

私自身が学歴主義からまだ抜け出せていない面もあるため本書の内容を受け入れきれていない部分があると思っています。早く考え方を心から改めたいと思いつつ、やはり受けてきた教育を覆すような価値観をすんなりと身につけることができません。

(と考えると、わが子に限らず子どもたちにはしっかりとした教育を受けてほしいですね。)

今後は、自分の意見を持ち、それを相手にわかりやすく伝えることができ、反対意見を持つ人とも建設的な討論ができるような人が求められていく世の中になるのでしょう。いえ、もう既にそのような世の中かも知れません。

だから、知識だけの学力ではなく、しっかりと考える力を子どもにはつけてもらいたいです。今は、せっかくホームスクーリングのような状態なのだから、無理に学校に行かせようとするのはやめて、生きる力をつけていくことに注力しようかと考えるようになっています。でも、そのためにはどうすれば良いのでしょうか

本書では、そのためには読書を勧められています。

そこに反対はしません。私自身も読書が好きだし、読書によって成長したり心が潤ったりすることは確かです。が、何冊か国語教育に携わる人、あるいは国語教育に携わっていた人の著書を読んでいるうちに、「この人は国語の先生だから読書を強く勧めているのでは・・・?」と思うようになっている自分がいます。

 

スマホでゲームをするよりは何倍も子どもにとっては意味のあることだとは思いますが、「何はともあれ読書!」というような流れには少し違和感を覚えるところです。

 

本書の内容については、ああ、こういう考え方もあるんだな、という程度に受け止めようと思います。

 

読んだ日:2018年1月8日-9日

文部科学省は解体せよ

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

子どもこころの育て方 稲盛 和夫

書店で平積みにされており、タイトルに惹かれて買いました。

稲盛和夫 新道徳 子ども こころの育て方

稲盛和夫 新道徳 子ども こころの育て方

 

短めの文章とマンガで、子ども向けに書かれています。

「そうだよね、こんなことを子どもが感じてくれたら、考えてくれたら最高だよね」という感想です。

良いことたくさん書かれています。

 

ただ、ただね。

これを子どもに読ませるのはどうかな、と思いました。

小学校高学年ともなれば、逆にしらじらしく感じるのではないか、と思うのは私の考えすぎなのでしょうか。

純粋で素直な子なら、受け入れてくれるのでしょうか。1年生でも読めるように、漢字には全てルビがふってあるので、読ませるならなるべく早い段階が良いのかも?

 

結局、親が読んで、機会を見つけては子どもに諭していく方が良いのかな、と思いました。マンガ部分は、色んなシーンでのエピソードになっているので、どういう場面でどういうことを子どもに伝えていくべきかは、とてもわかりやすいです。

 

子どもにこの本を1冊ポンと渡して終わり、では、ただマンガ部分だけを読んで終わるでしょうね・・・。親のサポート必須です。

 

読んだ日:2018年1月7日

稲盛和夫 新道徳 子ども こころの育て方

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

 

灯し続けることば 大村 はま

子どもを教える立場にはありませんが、読んでみました。

灯し続けることば

灯し続けることば

 

この本は、以前読んだ下記の本で紹介されており、興味を持ちました。

mayu-banzai.hatenablog.com

大村はまさんという方を、これまで全く知りませんでした。国語教育界、いえ、教育界では有名な方のようですね。2005年に亡くなっています。

 

「教師とはこうあるべきものだ」といった感じの本です。が、理想論が押し付けられているわけではなく、大村はまさんが考える「教師の理想論」が述べられています。

私も学齢期の子をもつ保護者の一人として、こんな先生がいるといいなあ、と思える内容でした。

 

少しだけ、気になった部分を抜粋。

常識的で一般的な正しさ、こういうときはこうするのだという固定した見方にとらわれないようにしなければならない。本当に注意する必要のあるときは案外少ないものだ・・・。

このことは、子どもを教える立場のある人には心がけて欲しいなあ、と思いました。あまり小さなことにとらわれて、大事なことを見落とさないようにして欲しいです。

そして、教師というのは、特に年齢の幼い子どもにとっては、接することの少ない大人のうちの一人になるわけですから影響力は大きいと思います。あまりつまらないことをグダグダと矯正して個性を殺すよりは、一人一人の個性が活かされるように、伸び伸びとしていられるような授業を展開して欲しいです。

 

また、これは教師だけではなく、親にも当てはまることだと思います。特に、私自身はつまらないことですぐ子どもに口出ししてしまうので、この言葉は肝に銘じたいと思いました。

 

学習の最後の場面などで子どもに、みんなの前で発表させることがあります。このとき、教師はその子に十分な指導をし、人を惹きつけ関心される発表になるよう、準備をしなくてはなりません。

あら、私はこんな指導はされた記憶がありません。私がこれまで生きてきた中で、プレゼンテーションの指導というのは、大学生になり、研究室に入って初めて受けました。それも先輩からのアドバイス、といった形なので、正式なものではないと思います。その研究室でのやり方、と言っても良いでしょう。

それが不十分なゆえに、その子が人前で恥をかくようなことになったら、その責任は教師にあります。

なんか、これわかる気がします。

普通の子どもは、友達みんなの前で失敗したり恥をかいたりしたら、気が滅入って二度としたくなくなるでしょう。

みんなの前で発表するなんて、子どもはあまり慣れていないことだし、失敗したらどうしようと考え緊張するのは当たり前のことだと思います。特別やり方を教えてもらうこともなく、突然「やれ」と言われれば、大人だって緊張します。

「子どもにはたくさん失敗させろ、それで子どもが強くなっていく」という理屈にはほぼ賛成なのですが、させなくても良い失敗もあると思います。

 

大村はまさんの著書で他にも読んでみたい本がありましたので、1冊ポチりました。 早く来ないかな。 

 

読んだ日:2018年1月7日

灯し続けることば

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

世界に通用する一流の育て方 廣津留 真理

これからは日本に留まらず世界を目指さないとね♪、なんて軽い気持ちで買った本ですが、なんか、異世界の話だったように思えます・・・。 

 私としては、「冗談でしょ」「そんなことできるかい」「なんで!?」と、突っ込みどころ満載の内容でした。

が、

実用的な部分もあったかな、と思います。

 

本の帯には、

『東大・京大なんて無視!』

『塾に通うな』

『模試を受けるな』

『学年1番になるな』

『苦手科目は捨てなさい』

『宿題は答えを丸ごと写しなさい』

と、どひゃあ~、ってなことが連ねてあります。

この中で違和感なく受け入れられるものはありますか?私にはありません!!

特に、最後の『宿題は答えを丸ごと写しなさい』なんて、「これを子どもが見たらどうしよう・・・」って、心配になりますね。帯でも本の裏側にしてあるのは、平積みされたときに学生が見て真に受けて大変なことにならないように、という少々の配慮なのでしょうか。

 

本書は10章構成です。

 序章    子どもの才能を花開かせる育て方

 第1章  6歳までの育て方が子どもの学力を伸ばす

 第2章  子どもが自分で勉強するようになる

 第3章  小学生からの頭がいい子の生活習慣

 第4章  模試も宿題も無視!ひろつる式<非常識>受験メソッド

 第5章  家庭学習はビジネス感覚でマネジメント

 第6章  「文化資本」と「問題解決力」がポイント

 第7章  学校教育で”使える英語”が育たない理由

 第8章  ひろつる式英語学習メソッドで使える英語が身につく

 第9章  地方県立高校からハーバード大学現役合格へ

 第10章  ハーバード流のズバ抜けた結果を出す行動術

 親子対談 ハーバード生の楽しい育て方

 

はっきり言って、廣津留さんも娘さんもどっちも優秀なのだな、という一言に尽きます。

まず、廣津留さんが英語を教えられる、という時点で一歩リードです。私、教えられないよ?知識的にも時間的にもそんなことできませんが?

また、「妊娠中に育児本を200冊読破」とありますが、一体どんな本を読んだのか教えてほしいです。というか、200冊も読んだの!?

妊娠がわかるのが9週目くらいでしょうか。ざっくり計算しやすいように、残り30週で200冊とすると、1日1冊程度のスピードで読まなくてはならないですね。

働いている身にはちょっと無理か?いや、一人目の妊娠ならいけるか?くらいの感じです、私にとっては。

 

そんなところから、廣津留さんの優秀さを垣間見ることもできるわけですが、いくつか印象的だったフレーズを。

 

小さな成功体験を積み重ねる

幼少期の育て方です。とにかく褒める。自信をつけさせることが大事。

子どもが飽きる1分前に切り上げる

これは、自分から勉強する子を育てるための秘訣ですね。飽きてしまうと、勉強=楽しくない、となってしまうので。短時間集中型で。

小学生は宿題の学習効果がゼロなので宿題を禁止すべき

米デューク大のハリス・クーパー氏によると、とのことです。実際は、「多すぎる」宿題がダメ、という主張のようです。

宿題というのは各個人のレベルを無視して出されるので、「この子にこんな簡単なものをさせるのは時間の無駄だなあ」と思うことは確かにあります。算数の計算問題なんて典型ですね。もっと考えて書かせる宿題を出して欲しいです。それを元に授業を進めていけるような。

小学校低学年では無理な話かな?

高校3年間で読むのは英字新聞1日分

これは結構衝撃的でしたね。え、少なくない?という印象。それじゃあ、英語の力つかんわ、という感想です。

ハーバード生の教え-否定形ではなく肯定形で話す

これは、できれば心がけたいところですね。

 

もちろん、実践的な英語学習法も割と詳細に書かれていますよ。

私としては、子育てには色んな考え方、やり方があるのだなあ、と学びたい一般的ご両親と、子どもをなんとしてもハーバードに入れたいご両親には、強くおススメできる本でした。

 

しかし、自分はいくつか実践できるのかな・・・。

 

読んだ日:2017年末~2018年1月4日

世界に通用する一流の育て方 地方公立校から<塾なしで>ハーバードに現役合格 (SB新書)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。

お母さんが教える国語 早川 尚子

『お母さんが教える国語 親子で成績を上げる魔法のアイデア』です。

お母さんが教える国語 親子で成績を上げる魔法のアイデア (BOOKS)

お母さんが教える国語 親子で成績を上げる魔法のアイデア (BOOKS)

 

子どもが学校に行っていない時間に何をするか?を考えた時、やはり一番最初に思い浮かぶのは、「学校に行っているのと同じ生活をする」ということでした。

すなわち、みんなが授業を受けている時間には、自宅で学習をする。

みんなが下校の時間には自由時間。

お腹が減っても、お昼までは何も食べない。

こんな感じです。ただ、自宅学習といっても、私は先生でもないし、教職課程をとっていたわけでもないので、何をどのように教えれば良いのかわかりません。

特に、せいかつ、ずこう、たいいくなどは、なかなか対応できないです。

そこで、次のように考えました。

せいかつ(3年生以降の理科の準備?)→料理、キャンプ、空を見上げる、などで日頃からチョイチョイ働きかけておく。

ずこう→折り紙やお絵かき、アイロンビーズなど、製作ごっこを弟と一緒にやらせる。

たいいく→学校への行き帰り(スクールカウンセラーの先生のところへ行ったり、給食だけ食べに行ったり)に歩かせるor走らせる。弟のお迎えの際に公園で遊ぶ。

しょしゃ→後述

さんすう→計算力をつけることに注力。百マス計算やひっ算、九九などを重点的に。たまに文章題や図形問題等もやってみる。

こくご→漢字を中心に。読解は教科書対応問題集のみ。読書感想などでアウトプットの力を重点的に身につける。

 

学校へ行っていないことで最も心配なのは、集団でしか得られない気持ちを得ることができない、ということです。

みんなで同じものを作って、「こういうやり方もあるんだ」と、他の人から学ぶこと。

みんなで同じ目標に向かって努力し、達成したときの一体感。

などなど。生きていく上で必須、とまではいかないとしても、割と重要なことではないでしょうか。

集団については、おいおい考えたいと思います。

 

さて、標題の本ですが、図書館で見つけました。

子どもが不登校になってからというもの、「教育」的な棚を覗くことが多くなりました。

本書は7章構成です。

 はじめに

 第1章 わが子を読書好きにする魔法

 第2章 わが子を感じ好きにする魔法

 第3章 読む力のベースを身につける魔法

 第4章 正確に読めるようにする魔法

 第5章 親子で書く力をつける魔法

 第6章 親子で書く力を伸ばす魔法

 第7章 国語を通して親と子の絆を深める

 おわりに

特に興味深かったのは、第3章です。

その中で「考える力を養う工夫」というパートが出てきます。

考えること、それは、私自身が最も苦手とするところで、わが子もしっかりとその遺伝子を受け継いでいるようなのです。だから、考えるという事を身につけ、考えて分かった時の気持などを味わってほしいと思っています。

 

また、2学期に入って、「しょしゃ」という授業が新たに始まりました。

書写とは一体なんぞや?何を目的にした授業なのか?と、??だったのですが、本書では書写の目的から方法までがとてもわかりやすく解説されており、凄くためになりました。

 

わが子はまだ中学受験等を考える学年ではありませんが、受験対策のようなことも少し解説されていました。

 

そろそろ小学校の冬休みが終わります。

学校が始まったら、この本に書かれていることのいくつかを実践してみようと思います。 

 

読んだ日:2018年1月4日

お母さんが教える国語 親子で成績を上げる魔法のアイデア (BOOKS)

↑画像orタイトルをクリックするとamazonのサイトにとびます。