読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mayu-banzaiの日記

1日1冊が目標!読んだ本の感想をメインに掲載します。

祈りの幕が下りる時 東野 圭吾

小説

いかにも東野作品!

加賀恭一郎のルーツに迫っています。

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

 

東野圭吾氏の小説は割と持っていますが、実は加賀恭一郎シリーズはあまり持っていないです。

別に意味はありませんが、以前やっていたドラマを見たためか、どうもストーリーに興味が持てず。

でも、加賀恭一郎、その名前は忘れられません。

加賀、といえば、日本橋

 

東野作品を読むとき、いつも最初は「犯人を当てるぞ!」という気持ちで読み始めます。

でも、気が付くと物語にひき込まれて、犯人の推理なんてそっちのけになっているんですよね・・・。

犯人が誰か、キーとなる人物は誰か、あからさまに怪しい設定の人物の役割はなんなのか・・・。

そんなことを考えてながら読み始めたはずなので、はっと気づくと犯人が出てきており、動機などが少しずつ明らかにされていっています。

 

この「祈りの幕が下りる時」も例外ではなく、「次は?次は?」という感じで気になり、一日で読み終わってしまいました。

 

読んだ日:2016年9月??日